« GWと、中耳炎その後 | トップページ | 春の遠足・中耳炎に蓄膿も追加 »

2011年5月15日 (日)

滲出性中耳炎・年長の保育参観

木曜日は幼稚園の親睦会。ホールでクラスごとに輪になって、ちょっと話をしたり遠足の引率などの係を決めたりします。役員決めの時よりも砕けた雰囲気で、子どものことよりもママの趣味などについて自己紹介するのが楽しい♪ 意外な人が意外な趣味を持ってたりとか…(^^) 私は今年も、2学期の親睦ランチ会の幹事になったよ。

で、その帰り道にサヨちゃんをバギーで寝かそうと思って、いつもより遠回り…いや、そんな可愛いもんじゃないか、調子に乗っていつもの倍以上歩いていたら、ちょっと貧血っぽくなっちゃって。たまたま通りかかった保健センターのソファで休ませてもらった(^^;) これ絶対台風のせいもあると思うわ。本調子じゃない時って、気圧まで体調に影響するんだよね…。センターの方には親切にしてもらって、熱いほうじ茶までごちそうになりました♪ すいません、隣の市の住民なのに(^^;)

そしてあっさりと復活した金曜日、園ママに聞き込みして評判の良い耳鼻科を教えてもらったので、行くことにしました。同じクラスに滲出性中耳炎の子が2人いて(もっといるかもだけど)、色々話が聞けたよ。この日は園の都合で15時降園、そこから直で駅へ。電車で三駅の所なんだけど、園⇔駅⇔耳鼻科がほとんど歩かないで済むという楽な位置で助かる。

東京の耳鼻科で言われたことを詳しく話し、例のティンパノグラムもちゃんとやってもらって、明るいちゃきちゃきした女医さんに診察してもらったよ。可動式の診察椅子だったけど、カイくんはもう病院に慣れちゃったのか、元々嫌がらないタイプなのか、やたら診察に協力的で、先生に「初めて来たとは思えないね!」と褒められてた。そしてカイくんが吸入とマッサージ(?)に行ってる間に詳しい話を聞こうと、今度は母たんがその診察椅子にサヨ抱っこで座ろうとしたら、自分が診察されると思ったらしいサヨちゃんがビビって嫌がり、それを素早く察した助手さんが「お兄ちゃん見に行こう♪」と連れてってくれて助かっちゃった。

で、やはりカイくんは滲出性中耳炎でした。というか、おそらく急性→滲出性→急性って感じに繰り返してるんだろうと。滲出性は基本的に痛くないんだけど、現在カイくんは「右が痛いような気もする…左は痛くない」と言っていて、その左がバッチリ滲出性(水が溜まっていてやや聞こえにくい状態)で、右は治りかけの滲出性でした。これは急いでどうこうしなくちゃいけないものではないけど、放っておくと良くないので診て行きましょうというやつ。このまま治るかもしれないし、治らないようなら何か処置をするかもしれないしで、経過を診たいとのことで、薬をもらって来週再診となりました。カイくんは顔が小さいので、耳と鼻が一直線につながっていて鼻水が回りやすいのかもと言われ、そういえば東京の耳鼻科でも父たんが、「この子はパッと見でアゴが小さいから云々」と先生に言われたって言ってたな。成長して身体が大きくなると解決していくとか…。

時々カイくんが、話しかけても返事をしなかったり、聞き返してきたりすることがあったけど、ちょっと時間を置いてから確認するとちゃんと聞こえてるので、「あ、大丈夫か…」と思ってた母たん。でもそうじゃなくて、聞こえてる時と聞こえにくい時を繰り返してたってことなんだねきっと。園のママたちも、「『ちゃんと聞いてるのっ』ってイライラしちゃうことがあるんだよね」「滲出性中耳炎のパンフレットに『気づいてあげられるのはお母さんだけです』って書いてあって反省…」なんて話してたな。中耳炎を繰り返す子で、ママが何度言っても言うこと聞いてくれないわっ、ていう子は、もしかしたらそういう状態なのかも。知り合いにいたら教えてあげようと思ったことでした。

家に着いたら17時半~さすがに疲れた! 夕飯作っといて良かったよ。そしてこの日は、13日の金曜日。5月に13日(金)があるとちょっと嬉しい。なぜなら約18年前、父たんと母たんが付き合い始めた日が5月13日(金)だったからですheart01 父たん美味しいプリン買ってきてくれてありがと~ 毎年「そういえば結婚したのも5月だよね」「式いつだったっけ?」「披露宴が17日だか18日だかで…」というあやふやな会話をしてるけど、13日だけは覚えやすくて忘れないのでした。

土曜日、幼稚園の保育参観。父たんは来れないけど、母サヨで参加です。カイくんと一緒に登園して、お昼の降園まで立ちっぱなしで見学というハードなスケジュール(^^;) 最初は朝の会と、保育室で遊んでる所を見ました。みんな自然にいくつかのグループに分かれて遊んでいて、カイくんはトランプのグループでババ抜きしてる。子どもたちまだまだ可愛いなぁ、カード見せ合っちゃったり、「これ引いて!」なんてババを引くように頼んだり(^m^) その後はトントン相撲で遊んでた。サヨちゃんもおままごとチームに混ぜてもらっていて、包丁で果物を切る真似をしてる…ん? まな板の上で切るんじゃなくて、左手に果物を持って右手で皮をむくしぐさをしてるよ! 細か! 母たんも何となく立ち位置的に、自動車ゴッコをしてる子に交じって、ガソリンスタンドの人の役をやりました。満タンでいいですか~窓拭きますね~

その後は園庭で、準備体操をしてから親も交じってクラス対抗リレー。母たんも参加しようとしたら、事情を知ってるママたちがよってたかって止めてくれた。ちょっと走るくらいはもう平気なんだけど、気持ちがありがたいし、人数も足りてた(今日は女の子の親は来てないので色々調整してある)ので、応援に回りました。カイくん怒るかな? と思ったけど、後で聞いてみたら母たんがどこにいるのかさえ気づいてなかった…そーゆー奴だよ(笑) それにしても、新学期すぐは色々あってママたちとの交流が出遅れた感があったけど、GW明けてようやく新しく知り合ったママと話をしたり、メルアド交換したりして、だんだんいい感じになってきたな♪

日曜日、消防設備点検の後で、マンションの避難訓練がありました。えっと、リビングにいたら廊下の非常ベル聞こえないんですけど、これってどうなんですか(^^;) 様子を見に行ったら、もう消防署の人が来てエントランスで説明を始めてた。まあ遅れてもいいか…と、避難訓練なのでエレベーターを使わずにカイサヨと階段で下まで降りたら、先にさっさと走って降りて行ったカイくん、ちゃっかり消火器持たせてもらって大人たちに交じってブシューとやってたよ。いざという時はお願いします。そして、次の何かの説明が始まる所で、消防士さんが「すみません、通報が入りましたのでこれで!」と言って、サイレン鳴らして我がマンションから出動していってしまい、予定よりだいぶ早くお開きに。管理会社の人が、「緊迫した雰囲気を感じていただけたかと思います」。うん、確かに。で、ちょっとしか参加してないのに、配られたジュースもらって帰宅した我が家なのでした。

その後は公園へ。カイくんはすっかり自転車に乗るのが上手くなったので、母たんの自転車にサヨちゃんを乗せ、カイくんには自分の自転車で後ろをついてきてもらうことが可能になって、すごく楽! この日は実は、カイくん朝5時に目が覚めちゃったそうで、出勤前の父たんと朝にも公園に行ってるんだよね。すっかり疲れたみたいで、午後はカイサヨ揃ってお昼寝してました。

|

« GWと、中耳炎その後 | トップページ | 春の遠足・中耳炎に蓄膿も追加 »

育児」カテゴリの記事

コメント

ぷっぷも滲出性中耳炎だよ。両耳とも鼓膜にチューブ入れてます。私もダンナサマも鼻が悪いので遺伝だよ。私も幼稚園のとき、入院してアデノイド摘出手術を受けました。

プップは目白大学クリニックという岩槻の病院で、通院だけで数分でチューブ入れられます。病院によっては全身麻酔だから入院になるらしいけど。だから目白大学は遠くて通うのが大変だけど、そこに続けています。ただ通院回数は月に1回に減らしてもらってます。

投稿: suu | 2011年5月18日 (水) 13:10

>suuさん

ぷっぷくんチューブですか!
園の同じクラスにも入れてる子がいます。大変ですねsweat01
病院によってやり方がずいぶん違うんですね、教えていただいてありがとうございます~
うちはもう少し投薬のみで様子見するみたいですが、
いざチューブとなったら参考にさせていただきます!

投稿: みよ | 2011年5月22日 (日) 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191367/51662704

この記事へのトラックバック一覧です: 滲出性中耳炎・年長の保育参観:

« GWと、中耳炎その後 | トップページ | 春の遠足・中耳炎に蓄膿も追加 »