« もう夏休み終わり? | トップページ | 着物・ボート・カブトムシ »

2010年8月25日 (水)

夏期保育と、「が」のはなし

最近のカイくん。大ジィジが立派なブドウを送ってくれ、翌日大ジィジから「子どもたちは喜んで食べてる?」という電話がありました。カイくんに「大ジィジから電話だよ」と言うと、「あっ、ブドウのお礼を言わなくちゃ」と受話器を受け取り、「ブドウありがとう、すっごいおいしかった」だって。こんなにちゃんとお礼ができるとは、鳥取での出来事で何か思う所があったのかしら? そんなカイくん、カタカナは相変わらず一部しか読めないけど、ひらがなはもうスイスイ。この間久しぶりに宝探しゲーム(メモを読んで次のヒントメモを探し、最後にお菓子が隠してある)をやったら、ものすごいスピードで終わってしまった。時々サヨちゃんに絵本を読んであげていて微笑ましいわ~、途中で飽きて放り出すんだけどね(笑) それと、足し算の概念が身につき始めたかも? フードコートで丼ものを食べている時、カイくんが見ていない時に父たんと母たんがカイくんの分を少し食べちゃったんだよね。で、「減ってる!」というカイくんに父たんが「父たんが3回と、母たんが1回、味見しちゃった!」と言ったら、すぐに「全部で4回だね!」って。 驚いた父たんが、「間違えた、父たんが4回と母たんが2回だった」と言ったら、すぐに「6回!」。カイくんが頭の中でどう処理しているのかは分からないけど、いちいち数えているにしては答が早すぎる気もする。特に天才的なことをしたわけではないけど、何だか嬉しいねぇ。

最近のサヨちゃん。「ねてもいい?」と聞いてから目をつぶる(>m<) どーぞどーぞ、そんな許可を取らなくても。まあ、「ダメ」って言われてもニヤニヤしながら目をつぶるんだけどね。ここ数日、これに「ひとやすみしていい?」が加わりました。それと、キッズルームで遊んでる時に気付いたんだけど、箱に色んな形の穴が空いてて形の合うブロックを中に入れていくオモチャね、あれがスイスイできるようになっててビックリ。ブロックを一つ手にして形を確かめ、それが入る穴を探して、それから向きを合わせて入れています。ちょっと前まで、適当な穴に無理矢理入れようとしてたのに、急にできるようになったなぁ。トイレトレーニングはあまり変わらず、事後報告だけバッチリという感じだけど、なるべく家にいる時はオムツではなくパンツにしています。

月曜日から3日間、幼稚園の夏期保育がありました。9時過ぎに幼稚園まで送って行くわけだけど、すでに外は灼熱の世界。朝着たばかりの服がすぐにびしょぬれ、園から戻ったらさっそく着替えている母たんです。何だかさ~去年は夏に子どもを公園に連れて行っても、「暑い中よく遊んで、子どもたちもたくさん昼寝するだろうなぁ」ってくらいだったのが、今年は公園に行くと「この暑い中このままずっと遊んだら、倒れる」って感じ。命の危険をひしひしと感じる暑さだよ…。さて、初日にさっそくプールがあって、カイくんは「(いつもより水が多く入っていて)プールが海みたいだった!」とご満悦でした。

Photo

2日目は8月生まれの子のお誕生日会があったそうで、園でオヤツが出るとか。それじゃ、カイくんがいない間にこちらもオヤツ♪ 母たんとサヨちゃんでマックへいって、ストロベリーサンデーを半分こ♪ 母たんはコーヒーのタダ券も持ってるので、合計150円のお茶を楽しんだのでした。写真、相変わらず甚平好きのサヨちゃん。髪を二つに分けて結ぶと、自然に丸まってお団子っぽくなる。

水曜日、父たんの休日。今日は幼稚園で盆踊り&花火があるので、夕方から登園。昼間のうちにやることを済ませましょう。朝から父たんは風呂掃除をしてくれ、母たんはいつもの家事をして、それから父サヨは銀行へ、母カイは皮膚科へ。カイくんは皮膚科受診は初めてなんだよね。鼻の上あたりにあせものようなものができたと思ったら、ちょっと膨れてきてカイくんも「痛い」と言うので診てもらいました。毛穴からバイキンが入ったのでしょうということで、抗生剤を飲むことになっちゃった。でもついでに、膝をすりむいてちょっとジュクジュクしちゃってたのも診てもらえて良かった。薬局で薬をもらい、図書館で父サヨと合流、そのまま久々のららぽーとへ。カイサヨの七五三参り&妹の結婚式用の服を見に行きました。色々考えてこの日は買わなかったんだけど、父たんと母たんで子どもに着せたい服の意見が割れたりすることがあるので、方向性を統一し両者の合意を図るためには有意義な外出でございました。男の子って、やっぱり父たんと同じ「ネクタイ」に惹かれるのかしらね~カイくんネクタイに食いついてたな。いっそサヨちゃんもネクタイすっか、その方が最近好みのうるさい妹を「お兄ちゃんと一緒だね~」って乗せやすいし? 

Photo_2

写真はショッピングセンター内の出店(?)、ドクターフィッシュのコーナー。足の古い角質を食べていただいている父たんと、自分も足をちょっと入れてみてはすぐに逃げるカイくん、凝視するサヨちゃん。

お昼を食べて帰宅、母たんは夕飯の買い物にも行って、夕方に備えて少し休憩。さて、子どもたちは甚平を着て、母たんは浴衣着るぞ! ふた夏は着てない浴衣、このままじゃタンスのこやしになってしまう。一昨年と昨年はサヨちゃんの授乳があったから着られなかったけど、今年はそれもないし父たんもいることだし着られるわ♪ 帯は年がいもなく蝶結びにしてみたけど、どうもイマイチ…もう時間ないしいいやこれで。

2010

幼稚園に行ってみると、同じ学年のママがちらほら浴衣で来ていて良かった。でも、甘えだしたカイサヨが時々飛びついてきて、うーむ帯を引っ張られるのも時間の問題か(あ~れ~)とちょっとハラハラ。そして結局カイくんにほどかれた! もう暗くなる時刻だったから、目立たない場所で大急ぎで文庫に結びなおしてことなきを得たけど焦ったよ(^^;) そんな自分のことはさておいて、子どもたちはクラス担任の所に集まってから、やぐらを中心に学年別の3重の円になって、盆踊りを始めました。おっカイくん、踊らないかと思ったらちゃんと踊ってる! アンパンマン音頭すごく上手だったよ。ドラえもん音頭は明らかに覚えてなかったけど。甚平を嫌がるのを無理やり着せてきたんだけど、「ほらね~みんな着てるでしょ」と言ったらニヤニヤしてたさ。母たんも、学年別親子踊りの時に、園のオリジナル音頭をやりました♪ 楽しかった~踊るの好き♪ サヨちゃんはずーっとウロチョロして父たんを振り回してたけど、これまた楽しそうだったな。来年はサヨちゃんも浴衣ね。でもあれね、園児の女の子はほとんどが浴衣を着てきてたんだけど、トイレ大変そうだった…1人じゃ無理だから親が手伝うんだけど、ただでさえ狭い子ども用トイレに親子が何組もズラリでギュウギュウだったよ。それと、男の子でも甚平ではなく浴衣着てる子がいてカッコ良かったんだけど、やっぱり活発だからものすごい着崩れるし、足を大きく広げられずに転びまくってる子もいたわ。カイくんは甚平より浴衣が良かったらしいけど…

あたりがすっかり暗くなった頃、やぐらの提灯の明かりが全部消えて、花火スタート! 吹きあげ花火に小さいながらも打ち上げ花火、そして最後は先生方が横一列に並んで、恒例のナイアガラに一斉点火! 去年は風がなくて、煙で後半あまり見えなかったんだけど、今年は程よく風が吹いて煙を運び去り、最後までキレイな光が見えました。子どもたちも歓声をあげて大喜び♪ 最後に園長先生の挨拶があったけど、この頃にはもう足元の子どもたちが暗くてよく見えず、一時も目を離せない親たちでございました。家に帰って浴衣を脱いでスッキリ、簡単に食事して、あ~疲れたけど楽しかったね!

【注意】最後に、こわぁ~い話を一つ。ある意味、夏の怪談。『蛾』や『某黒い虫』が極端に苦手な方、食事中の方は、今すぐまわれ右。大丈夫な方はレッツスクロール。

それは、鳥取から戻って数日が過ぎた、ある夜のことでした。子どもたちの寝る時間になり、寝室に入って電気をつけると、部屋の中を3匹ほどの虫が飛びまわっています。それは、体長6~7ミリほどの小さな蛾。どこから入ったんだろう? とりあえずティッシュで処分し、その日はそのまま眠りについた我が家。

そして翌日の夜、再び寝室に入ると、昨日処分したはずの蛾が、再び部屋に…しかも明らかに数が倍以上に増えています。私は「え、網戸どこか破けてる?」と窓を確認し、夫は「蛾は何かに誘引されて来るんじゃないの? 匂いとか…」と部屋を見回します。とにかくやっつけないことには落ち着いて眠れません。せっせと処分し、他に寝る部屋もないのでそこで眠ったわけですが…。

その翌日の夜、寝室のドアを開けると。また、復活しているのです…全て処分したはずなのに、昨夜と同じほどの数の、蛾。天井に、壁に、クロゼットのドアに、点々ととまっています。私と夫の背を寒気がかけ上りました。おかしい、今までこんなことはなかったのに、一体この部屋の何が変わったというのか。最近この部屋に増えたものなんて特に…段ボール箱くらい? そこで、私はある話を思い出しました。蛾ではありませんが、一般家庭に現れては住人を恐怖に陥れる、あの黒光りする悪魔の使い…名前を呼んではいけないあの虫。段ボールはその虫が卵を産む温床になる…そんな話を。蛾にも同じことが起こりうるのでは? そこで、畳んで立てかけてあったその段ボールを恐る恐る手に取り、切断面(なみなみ模様が見える部分)をそっと覗いてみると…

白くて柔らかそうな、埃の塊のようなものが、いくつもいくつも切断面に詰まっており、それぞれ中央に、ぽっかりと黒い穴が一つ。…ここから次々と彼らは誕生した、そういうことだったのです。私と夫は、その大きな段ボールを協力して小さく折りたたみ、ガムテープで巻き、ゴミ袋に入れて密封。念の為、同じ部屋にあった他の段ボール箱も全て潰し、翌朝すぐゴミ集積所に出しました。その日の夜からは、時折生き残りが姿を見せるものの、数日後には蛾は姿を消していたのでした。

皆さんの家庭にも、温かい場所に置かれていたり何年も置きっぱなしだったりする段ボール箱はありませんか? いつか、何かが棲みつくかもしれません…。

『あとがき』 いやーもったいなかったなーあの段ボール。鳥取に送る荷物の個数を減らそうと思って、わざわざ宅配便の集配センターでお金出して買った、かなり大きい奴だったんだよね。もったいないからこれからも使いまわそうと思ってたのに。それと、とばっちりで捨てた、荷物入れに使っていた段ボールも、柄が可愛いんでとってあったラム酒の箱でさ~残念。まあでも、出たのがあの黒いヤツでなくて良かったよホント。

|

« もう夏休み終わり? | トップページ | 着物・ボート・カブトムシ »

育児」カテゴリの記事

コメント

うちにも置きっぱなしになってる段ボールがある!
危険?!
すぐに処分しよう!
しかし、ホント、黒光りするあいつじゃなくて良かったね(笑)
そして、旦那様がいる時でよかったよね。

投稿: ゆき | 2010年9月 1日 (水) 14:51

>ゆきさん

ホント、イニシャルGなあいつでなくて良かった!
それと、子どもたちが変に怖がらなくて良かった
わ~。
段ボール処分したんだよね? 私も今後、
段ボールに食材入れっぱなしにしたり、
台所に置いたりするのはやめようっと。

投稿: | 2010年9月 6日 (月) 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191367/49252814

この記事へのトラックバック一覧です: 夏期保育と、「が」のはなし:

« もう夏休み終わり? | トップページ | 着物・ボート・カブトムシ »